皆でバーベキューして夏を楽しもう!

バーベキューの火おこしのコツ

バーベキューをする時には強い火力が必要ですから、火おこしをしなければなりません。
何を燃やすかという点ですが新聞紙や不要な木材でもかのうであります。
しかし、それだけで強い火力を確保できない場合があります。
ホームセンターにいけば火おこしをするための道具が販売されています。
木炭等も販売されていますので、それらを上手に燃やすことが出来れば長時間、強い火力を維持することができますし、その結果として美味しい焼肉を楽しむことができます。
火おこしは簡単ではありませんが一度コツを掴んでしまえば次からは短時間で行うことが可能になります。
バーベキューの楽しさは屋外で食べ物を焼くことにあります。
その場で焼いた物はとてもおいしいのです。
更に自分の食べたいものを持って行って食べることも可能であります。
火を用意する時に新聞紙を使って木炭を温めても良いですし、細い枯れ木を用意してそれをもとにして火を育てていく方法もあります。

簡単にできるバーベキュー火おこし術

マッチ、新聞紙、炭を揃えて手順に沿って進めることで、バーベキューでの火おこしも簡単にできます。
先ず新聞紙を手でひねって棒状にします。
棒状の新聞紙は5、6本作っておきます。
次に燃料となる炭をセッティングしますが、炭は寝かさずに立てた状態でセットすると初心者でも着火が楽になります。
炭は、大きいものは周りを囲むように組んで、円形に組まれた中心部には小さい炭を置きますが、小さい炭がない場合は、大きな炭を割って小さくしてセットします。
棒状にひねった新聞紙を立てて炭の間に挟むようにセッティングし、炭の間に新聞紙が挟み終わったらマッチで新聞紙に火をつけます。
新聞紙に火がついて、火が大きくなったら新聞紙の上に炭をのせていきます。
火がつくと扇いで火を大きくしたくなりますが、何もしなくても煙突効果で自然に火は大きくなるのでしばらく静観していれば、新聞紙の火が炭に燃え移り、炭が十分加熱されバーベキューに十分な火力が得られます。

注目サイト

サバゲ 初心者

最終更新日:2018/6/27

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>