皆でバーベキューして夏を楽しもう!

バーベキューの片付けの際に残った炭の扱い方

まだまだ再利用出来るものは自宅に取っておきたいと考えている方が、バーベキューの片付けをする際には炭の扱いに気を付ける必要があります。
リサイクルなどを意識している人であっても、炭は一度でも火を通してしまうと再利用は不可能だと思い込んでいる方も珍しくありません。
もしバーベキューの片付けの際に炭をどう扱うべきか迷ったのであれば、その炭がどういう硬さを保っているかチェックしてみてください。
もし木の棒などで少し触れただけでバラバラになってしまう炭であれば、水をかけてビニール袋に入れたまま廃棄する事を推奨します。
それぐらいボロボロになってしまった炭は再利用は難しい為です。
大きな塊として残っている隅であれば、再利用が可能ですから自宅に持ち帰る事を推奨します。
しかし炭を持ち帰る際に注意をしなければいけないのが、まだ熱が残っている炭はビニール袋などに絶対に入れてはいけないという事です。
切り抜いた缶などに入れて、周りの物に炭の熱が触れない様に注意をしましょう。

アルミホイルでバーベキューの片付けがとても楽になります

バーベキューを楽しんでいる際にコンロに焦げ跡などが残ってしまい、その片付けが面倒でストレスを感じている方々も大勢居られるのではないでしょうか。
そんなストレスを感じずに楽しいキャンプを終える為に大活躍してくれるのがアルミホイルです。
普段キッチンで使われている様なアルミホイルであっても、二枚から三枚重ねにして繋げていく事によって、バーベキュー用のコンロの上辺を覆う事が出来ます。
コンロを覆う際には空気穴などを確保する必要がある製品も中にはあるので注意が必要です。
アルミホイルを使う事でコンロの網から落ちてきた汚れや、崩れて小さくなった炭なども全てアルミホイルが受け止めてくれるのです。
そうする事でバーベキューを終えた際に、コンロの網を洗った後にアルミホイルを丸く包むだけで片付けを終えられます。
その際にはアルミホイルの熱などに注意をする必要がありますが、掃除が苦手だという方であっても直ぐに片付けを終えられることでしょう。

pickup

2017/8/24 更新

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>